書評/感想

【書評】初心者向け~カメラの選び方から楽しみ方までの解説本~

こんにちは!

iikaです。

以前にカメラを趣味にしたいと思い情報を集めて家電量販店で現物を見て購入したことがあります。

実際に私が数年前に購入したカメラです。

購入当初はカメラを持って町に出かけたり、ネットで色々調べたりしましたが・・・

結局続かず、カメラが部屋のインテリア化していました。(笑)

「カメラ持っていても使わないな~」

「そろそろ売ってお金に変えようかな~」

そう思ったときにたまたま行った図書館でこの本に出会いました。

私の好きな漫画タイプて書かれていて

  • 初心者の私でもものすごく分かりやすい
  • 分からないところはすぐに読み返せる
  • そんなに分厚くなくて持ち運べる

「てか、カメラ買う前に出会いたかった~」

って思ったので紹介です。

 カメラはじめたいけど選び方、撮り方、使い方が分からない

っと思った方、おすすめの本です。

カメラはじめます!を読んで

カメラを選ぶところから書いてある

カメラを趣味で始めようと思ったらまずカメラが必要になってきます。

「でも、カメラってどうやって選べばいいんだろう?」

そう悩む人も多いと思います。

周りにカメラ好きな人や家電量販店の人に聞いても

結局機能の説明を熱く語ってあまり参考にならないってパターンはありませんか?

私はそのパターンでした。(笑)

この本は著者自身の体験をもとに描かれているのでまさにカメラの選び方から教えてくれます。

初心者にとって大事なのがカメラを持って写真を撮りにいくことだと私は思います。

ですので自分の好きなデザイン、扱いやすいカメラを選ぶことが重要になるかと思います。

あのメーカーのミラーレスは・・・

このメーカーのレンズだと・・・

そういうのはあとからでもいいんじゃないでしょうか?

ちなみに私も自分のカメラを買うまでは画素数が多い=いいカメラって思っていました(笑)

まずは3つの機能で楽しむ

本書の中で覚えておくべき機能としてボケ、露出(明るさ)、ホワイトバランス(色合い)を説明しています。

まずは3つの機能からという考え方が私のような初心者にはとても分かりやすいと思いました。

例えば私のカメラだとそれ以外にアートフィルター、アートエフェクト、タイムラプスなど他にもたくさんの機能があります。

その機能を意識すると「どれを使おう?」と考えてしまい全然撮影に集中出来ませんでした。

それを考えると基本的な機能であるボケ、露出、ホワイトバランスの撮影のコツを分かりやすく説明されているので良書だなと思います。

機能とコツを組み合わせる

その他にも逆行、構図、マジックアワー(日の出、日入りの時間)、ブレ写真、夜景など初心者でも試せる内容が豊富にあります。

  • ホワイトバランスを変えて普段の夜景をいつもと違う雰囲気に変える
  • 逆光で毛並みをキラキラにする

簡単なことですが私は知りませんでした。(笑)

写真がグッとかっこよくシンプルな方法なので試す価値があるなーと思いました。

初心者がカメラを楽しむために

実際私はどうかというと・・・

実はいまだにカメラがインテリア化しています。(笑)

カメラと本があっても私の中で現状趣味になっていません。

いまのところカメラの良さ、写真を撮る楽しみをまだ気付けていない部分が問題だと思います。

私のように買ってから続かずにインテリア化してしまうと金銭的にダメージが大きいです。(笑)

ですのでカメラを買う前に

一度本を買って続けられそうか?
知り合いにカメラを持っている人がいれば借りてみる

そこから始めるほうが良いと思います。

「そんなこと言ってももう買ってインテリアになっているよ!」

という方もいると思います。

その場合は半分仕事、半分趣味のような気持ちで写真を撮るのはどうでしょう?

具体的には

  • 週に一度インスタもしくはフェイスブックに写真をアップする
  • ストックフォトに写真をアップし収入を得る
  • ブログ用の写真を撮りにいく

このように理由づけを行い無理やり行動して「カメラって楽しいな~」って自分に思い込ます方法もありかなと思います。

私もカメラを趣味にしてみたい!!

(だめな時はなにをやってもだめだから諦めようと心が折れているそんな私です。)

それじゃ、また!