書評/感想

【書評/感想】禁煙がやらない力のトレーニングに最適である

こんにちは!

なかなか読書がはかどらないiikaです。

やっぱり本が好きな人はずっと本を読むから読む速度が速くなるのでしょうか?

私は去年から読書し始めたのでなかなか読むのが遅いです。

もうね、図書館で借りた本1カ月かけて読了出来ません。

図書館行って借りても2週間の貸し出しで、その後追加で2週間貸し出しするシステムなのですが、間に合いません。(笑)

「再度少し経ってから借りるか」

と考えてしまうと面倒くさいが発揮してしまい、借りにいけません。(笑)

ところで「スタンフォードの自分を変える教室」という本、ご存知でしょうか?

私が読み終えた本の中でよかったなと思った本です。
こちらの本で紹介されている「やらない力」が紹介されていますが、その中でも

「10分ルールでタバコを減らす」

こちらがやらない力を鍛える強力なトレーニングである。と思いましたのでそのお話しになります。

私自身も以前はタバコを10年程吸っていましたが、禁煙に成功。

今ではタバコ生活とは無縁になりました。(年に1度くらいは喫煙者の知り合いと1本だけ吸ったりはしますが・・)

禁煙を通して「やらない力」、「やらない意志力」を鍛えるのはまさに喫煙者しか出来ない特権です。(笑)

やらない力とは

要点
  • 「スタンフォードの自分を変えたい教室」に出てくる意志力の一つ
  • 「やらない力」とはやめたい習慣のこと
  • 「習慣を変える」には「今の行動」を変える

「スタンフォードの自分を変えたい教室」はご存知の方も多いと思います。

著者であるケリー・マクゴニガル氏がスタンフォード大学で意志力について行っていた講義を書籍化した本になります。

人気講義を書籍化したこともあってか各章ごとに「マイクロスコープ」というまるで授業の課題のようなものまであります。

本来ならスタンフォード大学の講義でしか出来ないような内容を書籍で体験できると考えれば、私としてはすごく有益な書籍だなと思います。

そして、スタンフォード大学で意志力の講義をされているということは、名門として名高い大学でも意志力は非常に大切にされていることだと言えます。

本書の中では「やる力」、「やらない力」、「望む力」と3つの力が紹介されていますが、詳しく知りたい方はぜひ一度読んで頂くことをおススメします。

禁煙によるやらない力のトレーニングについて

要点
  • 10分ルールを使い吸いたい気持ちを抑える
  • タバコが近くにあると失敗する

まずは簡単に紹介です。

10分ルールとは【「吸いたい」と思ってから10分間我慢する】というものです。

著書の中で

・10分間待つことで脳がそれ自身を先の報酬として受け止める。

・目先の快楽に飛びつかずに脳を賢明な判断をさせるにはどんな誘惑に対しても10分我慢する。

とあります。

禁煙に置き換えると

・すぐに吸うと判断する→誘惑に負けやすい

・10分我慢してから吸う→考える時間があるとしっかりとした判断で誘惑に対処できる

ということになります。

それだけでは変わらないでしょ?と思うかもしれませんが、

誘惑に対して対処が出来るようになれば、我慢できる時間を伸ばすことができます。

その結果、禁煙に成功することが出来る。というものです。

私の場合は10分我慢する。ではなく、

・吸いたくなったら30分ニコレットを噛む

・それでも吸いたいならタバコを吸う

と自分にルールを課していました。

ちなみにですが、ニコレットはガムと同様な噛み方をするととても刺激が強くて美味しくありません。

舌がしびれるような感覚がしますよ。

本来の噛み方はゆっくり一回ずつ噛むものなので普通のガム感覚で噛むととても大変です。

あと、薬局の方が親切に「ニコレット効かないよ」なんて言うかもしれませんが、あれ、無視して大丈夫です。

私も言われましたが、ニコレットを使い禁煙に成功しています。

あくまで個人の考えですが

禁煙は意志力がとても大事だと思いますので、禁煙出来る人は何もサポートが無くても成功しますし、禁煙出来ない人は禁煙外来行っても出来ません。

ですので、ニコレットが効くか効かないかは本人しだいだと思います。

禁煙する上で大事なのは、始めたらタバコを捨てることです。

ニコチンによる欲求は本当に強いので近くにタバコがあると絶対に失敗します。

こちらも著者の中で、目で見ることが出来なければ魅力を感じにくくなり誘惑を断ち切ることが出来る。と記載があります。

喫煙歴が長いと体の習慣で吸ってしまうので、周りから無くすことは大事ですね。

まとめ~禁煙が意志力を強くする~

要点
  • タバコの欲求は強いので勝てると辞める意志が強くなる
  • 「スタンフォードの自分を変える教室」で意志力について詳細に書かれている

禁煙するとよく分かりますが、一番の報酬は意志力が強くなることだと思います。

ダイエットと禁煙どっちがきつかったか?と聞かれると私は禁煙でした。(笑)

そのかわり自制心が強くなりますので、10年以上定期購読していた雑誌も

「とりあえず辞めてみようかな」ぐらいの気持ちで簡単に辞めることが出来ました。

この経験は他のことではなかなか出来ることではありませんので、一度禁煙に挑戦することをおススメします。

今回はスタンフォードの自分を変える教室より私の体験談を交えてやらない力についてのお話しでしたが、他にも良いお話しが沢山あります。

本書の冒頭にもある

困った経験のある人。つまり全ての人に本書を捧げます。

とあるように何か変えたいと思うなら意志力、大事ですよ。

それじゃ、また。