雑記

【意味はあるのか?】奨学金と授業料から考える大学進学

「奨学金の支払いがきついんすよ。」

「大学はバイトばっかりで全然遊べなかったんですよ。」

「だから今遊ばないとやっていけないんすよ。」

「最悪、自己破産すればいいかなって思っていますよ。」

こんにちは!

iikaです。

今日、こんなことを私の会社の新人さんが話していました。(笑)

言いたいことは分かりますしここだけの部分をピックアップすると、どうしても悪い方向に聞こえてしまうと思います。

それでも私の中では衝撃でしたね~

自己破産という手段があるなんて思いつきもしませんでした。(笑)

30歳目前にして今さら考えるのもどうなんだろうかと少し疑問ではありますが、

お金の面から大学進学について少し考えてみます。

結果から申しますと、

私としては本気になってやりたいことやなりたいものがないのであれば大学は通う必要ないと思っています。

 授業料から考える大学進学の費用

要点
  • 年間120万、4年で480万円という現実
  • 探せば2年で100万円で通える学校もある

文部科学省のサイトにある学費を参考に今回考えてみました。

www.mext.go.jp

  • 入学金:25万円
  • 授業料:90万円(年間)
  • 施設設備費:18万円
  • 合計:133万円

入学金については初年度のみですが、それを差し引いても年間で110万円ほどかかります。

あくまで平均でありますので例えば理系に行くのであれば授業料が年間でプラス10万円高くなる。というような学校もあります。

それらを踏まえ幅を持たせて考えると400~500万円ほどが学費としてかかるのではないかと思われます。

専門学校について記載が見当たらなかったので私の知り合いが通っていた専門学校を参考に記載します。

  • 入学金:10万円
  • 授業料:70万円
  • 合計:80万円

その他の費用がどれほどかかるのかまで見当たりませんでしたが設備、実習費などを考えると初年度は100万円ほどかと推測します。

2年で200万円程度は考えておくべきでしょう。

ただし、専門学校の場合も、学ぶ分野によって費用が大きく変わると予想されます。

ちなみに私の通っていたところはかなり特殊な学校で、入学金込みで2年間で100万円ほどで済みましたよ。

大学進学だけではなくそういう選択肢もあることをぜひ検討してほしいですね。

卒業後の奨学金返済について

要点
  • 月に2万円が大きいかどうか
  • 専門学校生が卒業して2年、大学生の友達が卒業するまで600万円の差

恐らく高校生時代に想像すると大人になって奨学金返済することはなんとかなるでしょ?と思うでしょう。

私もそう思っていました。

今回奨学金返済シュミレーションを使い総額500万円を借りるというシュミレーションを行いました。

simulation.sas.jasso.go.jp

結果として毎月の支払いは2万円程を20年かけて返済になりました。

2万円、簡単ですか?(笑)

私は20年も払い続けるのは大変だと思います。

例えば大学卒業後すぐに就職できてそれから20年間同じ会社に働き続けられるのか、転職しても上手くいくのか。

そもそも会社が倒産するかもしれない。

20年となるといろんなリスクが出てきます。

その上で支払い続けることがどれほど大変なことか容易に予想できると思います。

また、大学卒業し就職しても給与が少ないという状況も考えられます。

そうなると貯金するだけでも一苦労するのが目に見えます。

一方、専門学校であれば2年で卒業、その後の2年就職することが出来れば大学生と比べると2年分給与が入ります。

年収300万としても2年あれば600万円になります。

つまり大学生の友だちが大学に学費を払っている間、この2年働いたことで600万円の差がつきます。

学費との差まで合わせると800万円ほどまで差が広がります。

ここまでの差を埋めるほど通いたい大学で勉強したい魅力があるのであればぜひ行くべきでしょう。

その場合は一度きりの人生、借金してでも行くべきだと思います。

まとめ~大学に通って勉強するのは贅沢なのか~

ここまで言うと恐らく

「大学に行ったほうが給与アップも見込める」

「将来的には大卒のほうが仕事の幅も広がる」

「今は大学まで行かないと仕事は厳しい」

そういった声も沢山上がるでしょう。

ですが、今まで話しの内容って私と新人さんのお話しなんですよね。

新人さんの場合、毎月4万円の支払いが20年あると話していました。

想像したくないほどの奨学金です(笑)

私の場合は専門学校よりも100万円近く安く抑えられているので、

実質新人さんと私では22歳の時点で比べると一千万近く差がついていると予想しています。

それでいて同じ会社に就職なので将来的にこの差を埋めるにはこのままだと難しいでしょう。

仕事の幅についても、どうでしょう。(笑)

大学進学及び卒業しても、専門学校を2年で終えた私と同じ会社の同じ部署なら必要性が感じられません。

勉強して幅を増やすという努力をして転職を考えたり今のはやりに乗ってプログラミング勉強して転職やフリーランスになる。

そういう思考であっても専門学校で良いかなと感じました。

結局のところ、大学入っても地方の中小企業に就職では給与にほとんど差が出ないと思うしお金の面から考えるとかなり不利ですね。

というのが私の結論です。

もちろん大学に通わないと取得できないような資格、この資格がないと仕事が出来ない資格。なんていうのもあると思います。

そういう先を見据えた結果、大学生活頑張る。

そこまでの気持ちがないと就職してからの奨学金という借金返済は大変です。

借りたものは頑張って返す努力をしましょう。

それじゃ、また。