ダイエット

【ダイエット】ジュースがキケンな理由~夏は特に注意ですよ~

こんにちは。

iika(@iika246)です。

私は昔からジュースが大好きで、かなりの量を飲み

それこそ1日に500ミリのペットボトルを4~5本飲むような生活でした。

ところが飲み過ぎでめまいを起こしそれが「ペットボトル症候群」により引き起こされるものだと知り、ジュースを飲まないように心がけました。

調べてみるとジュースは体に悪いことだらけで

  • ペットボトル症候群というのにかかる
  • 糖質中毒になるかも
  • 太りやすい

上記のように良いことがほとんどありません。

正直、ジュースを辞めたことで体の調子は良くなってきて

変な倦怠感を感じることが少なくなりました。

ダイエットをする上でも避けて通れないジュース断ち。

これらを踏まえ詳しくみていきたいと思います。

ダイエットや体に悪い理由

ジュースに含まれている砂糖が体に悪さをしているのはご存知だと思います。

ジュースは太るだけではなくいろんな症状を引き起こすきっかけにもなりますので注意しましょう。

下記より主に起こりうる症状をご紹介します。

ペットボトル症候群、糖質中毒とは?

ペットボトル症候群とは、清涼飲料水(ジュース)を大量に摂取することで起きる糖尿病のことです。

発症してしまうと

  • のどのかわき、トイレを良くいく
  • めまい、倦怠感

ひどい場合は昏睡状態や死亡例もあるようです。

このように太りやすいだけではなくその他にも悪さをしています。

「がぶ飲みしないでちょこちょこならOKじゃね??」

日常的に飲むならそれでもあまり良くないと言われています。

日常的に摂取することで1カ月に1回飲むか飲まないかという場合に比べて

糖尿病になるリスクが高くなると言われています。

また糖質や甘みは脳の報酬系という「快楽」を求める部分を刺激するということも分かっております。

つまり

  • 糖質や甘みのあるジュースを取ることで「もっと快楽がほしい」と刺激を受け
  • 摂取し続けることで欲しいと思う量が増え
  • 摂取出来なくなるとイライラなどの禁断症状が出る

糖質中毒に陥ってしまう、というわけです。

糖質中毒ってニコチン中毒と同じ中毒症状で辞めるのがとても大変なものですよ。

いますぐお菓子、ジュースを一生辞めろ!!

なんて言われたらやめられますか??

私は全部なんて無理です。(笑)

みなさんも無理ですよね??

それだけ中毒性があるということです。

特にジュースが良くないのが液体で取ることで吸収がかなりしやすいということを聞いたことがあります。

ダイエットへの影響

実際にダイエットにどう影響するかというと

  • 砂糖が簡単に取得でき、吸収しやすいので太る
  • カロリーゼロは飲み過ぎてしまう

当たり前かもですが、上記あたりの影響を受けるようですね。

「どうして液体だと砂糖を多く取ってしまうの??」

と疑問に思ったことありませんか??

実はこれにも理由があるようです。

たとえば、さとうきびから砂糖を得ようとすると加工して10%ほど。

1キログラムだったら100グラムほどですね。

ですが、コカ・コーラ500ミリリットルの場合だと50グラム近く含まれるようです。

糖質や砂糖が悪いとはいっても加工していない食材からこの量を取るのは実は一苦労。

加工して得るのがいかにすごい量になるか、簡単に取り過ぎてしまうのが良く分かりますね。

あとカロリーゼロも体に良くないようです。

理由は先ほどもお話した「脳の報酬系」に関係するようです。

本来甘いものを摂取するとそれに見合うカロリーが体に取り込まれると脳が予想します。

しかしカロリーゼロの場合だと必要な分が摂取出来ていないと脳が勘違い、

これだと報酬にならない、もっと摂取が必要だ!!となります。

その結果、取り過ぎてしまう。という働きをします。

カロリーゼロを飲むことで「脳の報酬系」が刺激される。

ちなみにカロリーゼロに含まれる人工甘味料がこういった悪さをします。

なのでカロリーゼロのドリンクだけではなく他のものでも引き起こされるのが予測されますね。

実際に辞めた方法

私自身、糖質中毒の自信があります。(笑)

ジュース、キャンディが大好きでずっと食べていましたが、無事辞めることが出来ました。

そんな断捨離な方法を今回お話します。

ポイントは下記のことを意識しました。

思い立ったらすぐ手放す

味の濃いお茶に逃げる

最初はジュースのみ断捨離

すぐに手放し、買わない

まずは「ペットボトル症候群」という体に悪いことを知った時点ですぐジュースを捨てました。

もったいないな・・と思うかもですが、これが大事なことです。

中毒症状になるのは

  • 持っていると欲しくなる
  • 飲むと「脳の報酬系」が刺激されるからもっと欲しくなる

このあたりはある程度納得いただいたと思います。

キャンディを辞めたときもそうですが、持っているとどんな人でも好きなものには確実に誘惑に負けて食べてしまいます。

そのため好きなものを遠ざけることは非常に大切なことです。

もしそれがきついなら試してほしいことがあります。

それは自身の1週間の生活の中で「どこなら1日だけでもやめられそうか?」を探すことです。

私の場合、キャンディを日曜日に家で過ごすときは食べない。

平日の仕事中が良く食べる。ということに気付きました。

そのため日曜日に断捨離を始め、その後は自身に「1日辞めたから今負けるのはもったいない」とプレッシャーをかけました。

心理的な言葉で「サンクコストバイアス」というものです。

詳細は下記の記事が詳しく説明しているかと思います。

【体験談】ダイエットで失敗したお話

そして2日続け、同じようにプレッシャーをかけ・・と繰り返すことで食べなくても良い状態を習慣化するまで続けます。

このように辞めるタイミングを見計らってスタートするのも一つの手だと思います。

お茶に逃げる、きついならそれ以外はOKとすることも・・

とはいえそれでもジュースを辞めるのはきついものでした。

その場合、最初は下記ルールを設けました。

  • ジュース以外のお菓子、キャンディは制限しない

「それじゃ、意味ないんじゃない?」

と思いますが、私はそう思いません。

理由は私の中で一番強く習慣化していたのは「ジュースを飲むこと」です。

なのでまずはその習慣を絶ち、その後一つずつ絶っていく方法を取りました。

ジュースを辞める成功体験があるとキャンディを辞めるのは比較的楽になりますよ(笑)

まとめ

ジュースが嫌いな人なんています??

みんな何かしら好きな飲み物ってあるのかなと思います。

ただそれでもジュースを取り過ぎることで

  • ペットボトル症候群になって倒れたり
  • 糖質中毒になってイライラしたり

など悪いことが多いので気を付けましょう。

あと個人的なところですが、ジュースを辞めるメリットも多く

  • コンビニで買うものに迷わなくなる
  • お茶で済むから節約、安上がりになる
  • たまに飲むからめちゃくちゃ美味しい、感動する

など良いことばかりなのでぜひトライしてみてください。

最後にジュースの全てが悪いわけではありません。

これだけ美味しく「脳の報酬系」を刺激できるなんて

昔だと考えられないことですし、この時代の特権でもあります。

それなのに全てを捨てるのはちょっともったいない気がしません??

私がダイエットに成功した当初、実はガンガンジュースを飲んでいて

それでも痩せることが出来ました。

「ジュースを辞めなければ痩せられない」

そんな必須条件ではないので無理は禁物ですよ。

(辞めることで痩せやすくなるのは事実ですが)

最後までありがとうございます。

それじゃ、また。

ダイエットで食事に関することを勉強したいなら下記で紹介した本はおススメです。

【書評/感想】「世界最新の太らないカラダ」食事に関する全てのことこんにちは。 iika(@iika246)です。 ダイエットを取り組んで3年、リバウンド無し。 ダイエットに関して言え...

また、食事法として私はファスティングもありだと考えています。

【ダイエット】ファスティングとは??効果抜群な食事法のお話【体験談】こんにちは。 iika(@iika246)です。 今回はファスティング(断食)についてのお話です。 ちゃんと考えると私...