ダイエット

【注意!!】ダイエット向かない食事について【体験談】

こんにちは。

iika(@iika246)です。

今回もダイエット失敗したお話です。

スーパーで買い物していると

ダイエットに効果あるかな?

身体に良いかな?

パッと見ると良い商品たくさん目にとまりませんか?

特に下記のような商品は良く見かけませんか??

全粒粉入りの食パン

一食置き換えダイエット用ドリンク

ダイエットに良さそうだし、体にも良さそう。

「これが悪いなら何が良いの?」

と思うような商品ですよね。

私の体験談よりお話すると、これらの商品はダイエットに向きません。

iika246
iika246

「私は朝ごはんとして食べましたが、なかなか体重が落ちませんでした」

上記の商品を摂取していて

  • 思ったより体重が落ちない
  • 運動しているのに体重が増えている

そういう事態になっていたら一度辞めてみましょう。

ダイエットに向かない理由

どちらも心理的要因と科学的要因で実は向かない理由があります。

ざっくりとした説明ですが、見ていきましょう。

全粒粉入りの食パン

心理的要因

心理的要因としては下記の要因が考えられます。

  • お徳用は太る
  • なにかをしながら食べれる(無意識食い)

まずお徳用についてです。

これは人が食事をしているときは目の前にあるだけ食べてしまうという心理があります。

ダイエット中は食事を我慢されるでしょう。

そのときに食パン一切れだけ食べたとします。

その後それだけでは空腹を満たせずに我慢を強いることになりますが、

その時にまだまだたくさんある食パン。

「もう一切れぐらい食べても・・全粒粉入りだし」

このことで頭の中が支配されるので間違いなく良い結果は生まないでしょう。

このためついつい食べ過ぎてしまうことになります。

また、心理学の実験でも面白いデータがあります。

スープの皿にチューブを取り付け、被験者がいくら飲んでも減らない状況を作成。

その中で被験者がどれだけスープを飲めば満腹を感じるか?という実験。

「底なしスープ」と呼ばれているものですね。

結果は75%以上飲んでも満腹になることはなかったようです。

それだけ人間は食について、あてにならないもの。

食パンなんて買ったらダイエット中の人が耐えれるわけがないのです。

科学的要因

そもそも小麦が太るという要因があります。

炭水化物が太るのは何となく想像つくのではないかと思います。

小麦はどうしてかというと

  • 今ある小麦が品種改良された「矮小小麦」あるいは「半矮小小麦」が使われている
  • これらの小麦が太りやすい可能性
  • 小麦粉(粉末)にすることで「純度の高い白いでんぷん」になる

これらの要因により太りやすいとされています。

全粒粉についても、基本は小麦。

栄養価があっても小麦であることを忘れてはいけない。

このあたりについては「グルテンフリーダイエット」で調べてみるとよい結果が分かるかもしれません。

私もパンを主食としていた頃がありましたが、どうやっても痩せられませんでした。

むしろ太る、なぜ??という感じでかなり苦労しました。

小麦を使った食事は美味しいものばかりだと思います。

ピザ、パン、麺類、クッキー。

やはりおいしものはダイエットに向かないわけですね。

一食置き換えダイエットについて

一食置き換えダイエットは栄養価のバランスは良い。

手軽で始めやすい、何が悪いの?と感じるかもしれません。

私はこれからお話する下記の理由で辞めました。

心理的要因

ヘルシーは太るという心理要因があります。

理由は簡単。

「モラルライセンシング」という心理状態になるからです。

モラルライセンシングとは・・

良いことをしたら、少しぐらい悪いことしても大丈夫!と思ってしまうことだよ。

今回のパターンに当てはめると

  • 一食置き換えダイエット用ドリンクをやるから他は大丈夫といって、かなり太る食事を取る。
  • ドリンクだから太らないと高を括ってしまい、何杯も飲む

このあたりに陥るでしょう。

その結果、思ったより痩せない事態になります。

ちなみに・・

1日3食全てコンビニ弁当、お昼はおにぎりもプラスで食べる!!ぐらいかなり食べてかなり太っている場合なら

1食置き換えダイエット多少の効果は出ると思います。

実際に最初はそれで多少は体重が落ちたのも事実です。

しかしあくまで多少であり、すぐに効果が出なくなると考えられます。

科学的要因

 

上記サイトより一度原材料の欄を見て頂きたい。

「栄養価がすごい??」それは否定しません。

見て頂きたいのは甘味料が入っている点です。

実はこの甘味料が怖いものなのです。

なにがどう怖いのかというと

甘味料があることで、甘さとカロリーが合わずに脳がバグる。もっと甘いものが欲しくなる。

甘味料の「アスパルテーム」などは血糖値をあげないのにインスリン値をあげ体重増加に繋がる。

以上の理由からダイエットに向かない商品だと考えています。

もっと欲しくなるうえに手軽に飲めるドリンク・・

飲み過ぎてしまうこと間違いなしですね。

(私は良く飲み過ぎました)

ダイエット用ドリンクではなくホエイプロテインのような筋肉のためのプロテインはどうなの??

と筋トレに詳しい方なら疑問に思うでしょう。

甘味料が入っていると注意が必要かもしれません。

とはいえ、現代ではいろんな商品に甘味料は使われているでしょう。

なかなか避けるのは難しいのも現状だと思います。

筋肉をつけるプロでもない限りは痩せながら筋肉をつけることを考えてしまうと失敗するかもしれません。

おわりに

  • 全粒粉入りのパン
  • 一食置き換えダイエット用ドリンク

どちらもダイエットを始めるときに気になる商品だと思います。

ただ本気でダイエットを始めるのであれば、ぜひ避けたほうが良いでしょう。

パンを食べて必ず太るかと言えばそれも難しいところで、

結局どれがどうなのかについては各々ダイエットしながら自身の体と相談してみましょう。

その結果、パンが太りやすかったり、そうでもないことに気づけばダイエット中の食事も楽しみを増やせるかもしれませんよ。

最後までありがとうございます。

今回参考にした本を紹介します。

メンタリストDaiGoさんの本はいつも参考させて頂いています。

書評については下記よりご覧ください。

【書評/感想】「ウィルパワー」ダイエットに最強な本のおすすめこんにちは。 iika(@iika246)です。 私は3年前からダイエットに取り組み、成功しました。 現在も続けており...

それじゃ、また。