ダイエット

メタボの基準値と条件について【太るだけではない】

  • メタボの診断基準は腹囲測定のみだけではないこと
  • 内臓脂肪の蓄積が100㎠以上のおおよその目安として男性85㎝、女性90㎝であったため

こんにちは。いーか(@iika246)です。

健康診断でお腹周りの測定を行うと思います。
そのときにメタボの判定として「男性が85㎝」、「女性が90㎝」というお話を聞いたことありませんか?

実はメタボの診断基準はお腹周りだけではないのです。その他にも

  • 脂質代謝について
  • 空腹時血糖値
  • 血圧

この3つの値も重要になってくるのです。
意外と知られていないことだと思いますので、詳しくみてみましょう。

iika246
iika246

「私はずっと腹囲100㎝超えていたのにメタボと診断されず不思議に思っていました」

メタボの条件と内容について

今回参考にしたサイトは下記になります。

メタボってなんだ??

まず前提のお話です。
メタボリックシンドロームとは、「内臓脂肪症候群」といわれるものになります。

  • 内臓脂肪が蓄積している状態であること
  • 下記に記載している条件に当てはまること

これらのことを指します。
そのため腹囲測定で基準値を超えていても「メタボ」と診断されるとは限らないのです。

iika246
iika246

「余談ですが、私は肝機能の一部の値が痩せただけで下がりました」

メタボの条件とは?

メタボの条件としては下記のようになっています。

ウエストの周囲(腹囲)が下記の値であること

  • 男性:85㎝以上
  • 女性:90㎝以上

上記に加え、下記のいずれか2項目以上を満たすとメタボ確定となる

1.脂質代謝(血清脂質)
  • トリグリセリド:150㎎/㎗以上
  • HDLコレステロール:40㎎/㎗未満

上記どちらか、もしくは片方でも満たす

2.空腹時血糖 110㎎/㎗以上
3.血圧 (最高値/最低値)

130/85(㎜/hg)以上であること

腹囲の基準がどうしてかというと、おおよそ内臓脂肪の蓄積が100㎠に相当したのが上記の基準になります。(85㎝以上、90㎝以上)
トリグリセリドとは中性脂肪とも呼ばれているものです。
(厳密には中性脂肪にはトリグリセリド以外も存在するようです)

上記項目は健康診断を行うと測定してもらえるものばかり。
検査の結果と上記の内容を照らし合わせてみると意外なものが見えるかもしれませんよ。

参考事例として・・

私の場合です。
太っていたころ(BMI値が34あたり)の健康診断の値でお酒をほとんど飲まないのに肝機能の一部の値が基準値オーバーでした。(γ-GTPという値)

その後痩せると見事に基準値以下に収まることが出来ました。
もし、痩せにくいと感じたり太りやすいと思った方へ
一度上記で示したメタボの値や、肝機能の値について調べてみると面白いかもしれませんよ。

下記に参考サイトとしてリンクを貼ります。
内容は肝機能(ALT(GPT))の値とメタボについてです。
結論として肝機能(ALT(GPT))の値が高いとメタボ発症リスクが高まるというものです。

iika246
iika246

「私の事例とは違うものだけど参考になれば・・」

終わりに

健康診断の結果、まじまじと見たことありますか?
調べてみたことありますか?

すぐに捨てることが多い診断結果だと思います。
健康診断は基準値以内も大事だけど、前年度と比べたときの体の状態によっても左右されると言われています。(とある本に体は年を取るから劣化具合も考慮して・・とありました)

結果を見ると腹囲は問題無くてもメタボのその他の項目に引っかかるなんてことも考えられるかもしれません。
見直したら人よりも太りやすいかも・・ということもあるかもしれません。

何事も確認するのは大事ですよ。

最後までありがとうございます。

それじゃ、また。

 

下記は健康診断のお話から病気についてまで丁寧にまとめられています。

【書評/感想】最強の健康法~病気にならない最先端医学編~こんにちは。 いーか(@iika246)です。 今回は「最強の健康法 病気にならない最先端科学編」という本の紹介です。 ...