ソシャレン

【ソシャレン投資】投資先のポケットファンディングを語ります

こんにちは。

iika(@iika246)です。

ソーシャルレンディングで投資先を探そうと考えている方

【ポケットファンディング】

を目にしたことがあると思います。

  • メジャーどころじゃないし、全然分からない。
  • 沖縄ってあるけどネットからだと情報があまり分からない。

だと思います。

正直沖縄在住の私もどういう会社なのかあまり良く分かりません。

【ソーシャルレンディング】ポケットファンディングに10万円投資!人気のすごさに驚く。 こんにちは! 沖縄生まれ、沖縄育ち、沖縄在住のiikaです。 2019年を迎えまして初めてのソシャレン投資ということで ...

以前にも投資した件について記事にしましたが、

今回せっかくソシャレン投資させて頂いてますので私の視点から見えることについてお話しさせて頂きたいと思います。

「そもそもソーシャルレンディングとはなんだ?」

と思った方は下記の記事を参考にして頂けたらと思います。

【体験談】ソーシャルレンディングとは?半年投資した立場から見えたものこんにちは。 iika(@iika246)です。 資産運用してみたい。投資してみたい。 株式以外だと何があるんだろう。 ...
iika246
iika246

「沖縄県民のわしが分かることを話すのじゃ」

ポケットファンディングについて

要点
  • 沖縄の会社で県内で事業展開している
  • 不動産を担保に事業資金を融資している

浦添市内にある会社で、国道58号線を北から南へ向かうと那覇市に入る手前にあります。

外壁が白く壁には広告の看板があります。

那覇に向かいながら横目で「何の会社だろう?」といつも思っていました。

それが私と財全ビルとの出会いです。(笑)

ポケットファンディングを運営、管理している会社はソーシャルバンクZAIZEN株式会社になります。

関連会社が借り手の管理や融資を行い

ソーシャルバンクZAIZEN株式会社が関連会社へリファイナンスを行っています。

関連会社とは主に同じグループ内の株式会社財全ソリューションが行っているようですね。

「関連会社が融資しているなら物件のチェックが甘いやつ、危険なやつソーシャルレンディングの募集案件に入ってくるのでは?」

「そうやってリスクをソシャレン投資家に全て背負わせている!」

という疑問が浮かび上がるでしょう。

それに対してポケットファンディングではどう対処しているかというと

不動産担保評価の70%までを融資限度額にすることでいざというときのリスクを減らす努力を行っています。

他社では融資限度額を80%だったりを考慮するといわゆる堅い案件が豊富ですね。

また、沖縄県内の地価が上昇していることを考慮すると

担保評価が融資実行したときよりも上がるということも考えられます。

今までなんにもない荒れた雑草ばかりの土地が、久しぶりに地元に帰ると知らない家が建っていたり

「こんなところ土地買って家建てる人いる?」

なんて土地まで売れている場所だってあります。

(一個人の私的な見解ではありますが、体験談です)

そんな沖縄の物件を担保にしているので比較的堅いのかなと思います。

次に、ソーシャルバンクZAIZEN株式会社が所属している財全グループついてですが

こちらは個人向けよりも企業向けが多い印象がありました。

例えば不動産を主に取り扱っている財全エステートさんは個人向けの物件の取扱いが少ないように感じました。それよりも

  • 個人や企業が所有している不動産を買い取り、リース契約する仕組み
  • 居抜き物件(設備や器具をそのままにしてある)を紹介している

を財全グループのホームページ上から強くアピールしているように見えました。

結果、個人相手よりも個人事業主や企業向けの会社かなと感じます。

不動産リースする仕組みについては株式会社財全ソリューションさんと連動していると記載がありました。

そのためグループ全体で協力しあっている会社だと推測できます。

結果、私のような一個人だと沖縄県民でも

「グループ名も企業名もあまり聞いたことない会社だな」

となります。

仕事上関わりのある方であれば恐らく耳にするのではないかなと思います。

ポケットファンディングのメリット

要点

みずほ銀行那覇支店なら出金手数料がかからない(沖縄県民お得)

担保情報が予想つきやすい、坪単価の評価を公表しているから調べられる

ポケットファンディングにどんなメリットがあるか?興味を持たれるかと思います。

私の感じたメリットは上記になります。

まず、沖縄県民ならメリットを受けやすいのが出金手数料がかからない。というところです。

えっ?そこなの?と思いましたか?(笑)

ソーシャルレンディングを少額資金で運用すると毎月分配の場合、数百円から数千円の利益が出ることになります。

それらを口座から別口座に纏めて他に投資したい。と考えた際に出金手数料を取られることによって利益が減ることになります。

ソーシャルレンディングを始めたばかり、個人で運用している方だと

それほど規模の大きくないソーシャルレンディングだと出金手数料が出るだけで二の足を踏む方が多いのではないかと推測しています。

また沖縄県内の地方銀行だと他地域の方にデメリットが大きいのかなと思います。

それらをふまえるとみずほ銀行を選んだのかなと感じました。

ちなみにですが、最近から最低出資金が1500円になっています。

以前は1000円で出金出来ましたが、現在出金するには1500円以上必要なので注意が必要です。

担保評価についてですが、こちらは担保物件エリアと坪数を公開しているので大まかではありますが参考になるのかなと思います。

特に坪単価いくらで評価していると記載があれば、それが実際に妥当かどうかは下記サイトより参考として比較できます。

一方、案件についての運用期間が短いのはひとつのメリットかなと思います。

運用期間が長くなると利息をその分もらえますが、資金を拘束されてしまい貸し倒れにあうリスクも増えます。

それを考えると運用期間を短く、手間ですが資金を次のファンドへ運用するほうが良いと考えられています。

最近ですが、ポケットファンディングのサイトでスマホに対応させるようになりました。

以前だとスマホからの操作はやりにくくて大変でしたからね。

また、投資案件も沖縄県以外に対するものも出てきました。

今の状況に満足せずに更なる利益を目指して努力しているのが伺えます。

スマホ版もそうですが案件の募集も夕方から行うことで

私のような一般の方でも応募出来るようにしているなと感じました。

サービスを向上させているので評価出来るのかなと思いました。

ポケットファンディングのデメリット

要点

沖縄県以外の案件はどうなのか

非上場企業のため他社に比べ信頼性低いのか

ポケットファンディングに投資するうえで考えられるデメリットは一般的にソーシャルレンディングで言われているデメリットと近いのかなと思います。

  • 営業者のリスク
  • 担保のリスク
  • 借り手のリスク

に関してはソーシャルレンディングなのでリスクを避けられないかと思います。

そのほかにポケットファンディングについてのリスクを私なりに考えてみると上記要点の部分になります。

まずは単純に沖縄県外への融資についてどうなのか?についてです。

ポケットファンディング自体を運営している会社も同じグループ会社も沖縄県の企業です。

沖縄県で長く不動産を取り扱うローンについては詳しいかもしれませんが、他の地域についてはどうだろうか?ということです。

地方在住だと共感が得やすいと思いますが、

沖縄県は他県と繋がっていないためか、なかなか情報が入らないときがあります。

それは仕事でも起きることだと私は思っています。

例えば大企業が沖縄に支店を作るならまだ良いのですが、沖縄の企業に下請けしたとしましょう。

大企業の変わりに仕事を行いますが、下請けに入ってくる情報はその案件に関することのみで大企業の話は入ってきません。

お客様のほうが企業について詳しかったりなんてあり得ます。(笑)

そうならないように努力は充分しますが。

それと同じようなことが起きないのかな?と疑問に思いました。

ただそれを恐れて挑戦しないと企業自身の成長を止めてしまうことになるので挑戦は大事だと思います。

ですので、実際の案件で確認してみました。

内容からすると

  • 担保の評価を64万円/坪
  • JR駅より徒歩8分圏内
  • 徒歩5分圏内に市役所

のある物件であることが記載からわかります。

実際に地価公示価格チェッカーで確認してみると

  • 国立市の地価平均126万円
  • 徒歩8分圏内だと評価額以上の価格

であることが分かります。

実際の建物は分からず、リフォームもすると記載されているのでどうなるか不明ですが

坪単価の部分で考えてみてもむちゃくちゃな案件ではないかなと思いました。

沖縄県外というポイントでもしっかりと堅実に対応しているのが伺えます。

もう一点は沖縄県内の企業で非上場企業ということがネックになっているのかなと感じました。

県内在住の私ですら、ソーシャルレンディングするまでは分かりませんでした。

県外の方ならもっと分からない会社だろうなと容易に想像がつきます。

こちらに関してはポケットファンディングで着実に案件を増やしつつ信頼を勝ち取るしかないんだろうなと思います。

他のソシャレン事業社でもやるまでは聞いたことない会社ですし、上場企業だから、大企業だから貸し倒れに合わないわけではないので。

終わりに

沖縄県民がソーシャルレンディングの分散先として手を出すならかなり良い投資先だと思っています。

出金手数料掛からないし、担保が分かりやすい。

冒頭にもありますが上記リンク先の実績を見て頂けると分かるように投資家の分布図が

関東と関西を合わせると80%にも上るデータになっています。

せっかく沖縄県民が沖縄県内の企業を使って利益を得られ、かつ担保への知識も優位性がある。

そんなメリットを沖縄県民もっと使ったらいいのに。と心の中では思っています。(笑)

ソーシャルレンディングしている方なんて周りに聞いたことがありませんので。

とはいえソーシャルレンディングなので安全に運用とはいえないのでソーシャルレンディングに挑戦するなら覚悟を持つ必要があるでしょう。

借り手側にかなり高金利を課しているのは容易に想像できます。

その分利回りが高い分リスクが高いのは当たり前ですね。

最後までありがとうございます。

それじゃ、また。

投資を行う際は自己責任でお願いします。

宜しくお願いします。