ソシャレン

【体験談】ソーシャルレンディングとは?半年投資した立場から見えたもの

こんにちは。

iika(@iika246)です。

資産運用してみたい。投資してみたい。

株式以外だと何があるんだろう。

色々探しているうちにソーシャルレンディングが目に止まるかなと思います。

ソーシャルレンディングってそもそもなに?

ソーシャルレンディングは危険って聞いたことがある

利回り高いけど怖いから不安だし手を出しずらいな。

あれ、詐欺でしょ?

などあんまり良く分からないけど、悪いイメージを持っているという方が多いと思います。

実際に投資してみた体験をもとにソーシャルレンディングについてお話しします。

ちなみにソーシャルレンディングは値上がりを狙って一気に稼ぐタイプではなく、

配当金をコツコツ受け取り資産を増やすタイプの投資になりますよ。

ソーシャルレンディングとはなにか?

要点
  • お金を貸したい人(貸手)とお金を借りたい人(借手)を繋ぐサービス

ソーシャルレンディングの中身について簡単にいうと上記の通りです。

個人的な貸し借りについては皆さんもされたことあるでしょう。

しかし同じように企業相手、事業に対してとなると個人がお金を貸すことは一般人では手の出せない分野でした。

そこで、間に貸金業を行う業者が介入することで

個人でも、少額からでもインターネット上でお金を出し合うことで

企業、事業に対して融資するのと同じような結果が得られるようになりました。

以前なら一部のお金持ちや事業として貸金業を行っていた領域に投資を行い、

利息の一部から分配金という形でリターンを得られるようになったということです。

内容としてシンプルで分かりやすいサービスですね。

実際に投資してみて感じたメリット、デメリットのお話していきます。

ソシャレンのメリット

要点
  • 株式投資とは違った性質
  • 高利回り案件の多さ
  • 管理自体が簡単、株式のように株価チェック必要無し、分配金が入っているかチェックするぐらい

メリットといえばやはり株式投資とは違う性質を持っているところでしょう。

元本自体の値上がりはないが、運用されることで返済予定日には元本が返済される。

運用中は利息の一部を分配金として頂く仕組みがあります。

資産運用として株式投資を始める際、株価の上下が気になってしまうかと思います。

それに比べソーシャルレンディングの場合は

元本は問題なく運用されていれば返済される金額は変わりません。

元本が変わらず分配金を頂けるので人気が出ているのだろうと思います。

ただし、元本保証ではありません。

ここは注意が必要ですね。

またすでにご存知かもしれませんが、分配金についても魅力があります。

ソーシャルレンディングでは比較的高利回りの案件が多数用意しています。

5〜7%程度の案件が多いのですが、中には海外向けの融資で約10%の利回りもあります。

いくら税引き前とはいえそれだけの利回りが出ると分配金もかなり良い金額が返ってきます。

海外向けなのでこの利回りが妥当だと感じるか、この利回りには高いリスクが隠れていると考えるかは人によると思いますが。

それでも株式の配当金で貰うのは難しい利回りになりますので魅力としてはあるでしょう。

「いやいや、株式投資ならそんなにリスクなくて年6%ぐらいの利回りになるって」

そう思う方もいるでしょう。

でも一つ考えて頂きたいのがその利回りは何年かけて得られたものなのか?ということです。

去年は20%、今年は3%だったな。とかその年の相場状況によって利回りは変わるでしょう。

相場によって得られるリターンは変わるのではないのでしょうか?

短期であれば素人の場合、株式投資するよりも高い利回りを出せる可能性が高い。

ソーシャルレンディングのように利回りを安定を目指すには素人だと株式投資では難しいかなと思います。

(長期投資や一流の投資家からするとリスクの割にはリターンがいまいちと思うかもしれませんが。)

最後に管理のしやすさでしょう。

一度投資を実行すると、最後に返ってくるまでは売買することも出来ないので毎月分配金が入るのをチェックするのみです。

これが個人的には非常に楽です。

わざわざ株式の株価の上下を気にして売り時を考えたり、買い付けのタイミングは今が良いのか高値だから辞めた方が良いか。の判断がめんどうだと思うタイプでした。

また、なぜか個別株を持っていると売りたくなるんですよ(笑)

株価も毎日チェックしなければ気になって仕方がなかったです。

それに比べるとソーシャルレンディングに変更してからは楽になったかと感じました。

また、運用予定表が出ているところは投資金額に対してどのくらい返ってくるかが分かりやすくて良いなと思いました。

最終的にこのぐらいのリターンが見込めるな。と判断材料になります。

私が感じたメリットはこのあたりです。

ソシャレンのデメリット

要点
  • 元本毀損のリスクがある
  • 事業者リスク、貸し出し者リスク、案件がいつもあるわけではない
  • 貸し出したお金は元本返済期間まで換金できない(株式投資のように売却出来ない)

次は感じたデメリットについてお話しです。

まずは元本保証されていないので元本毀損するリスクがある。ということです。

これに関しては金融商品すべてに当たるので、ソーシャルレンディングのみがどうのこうのなんて言えないかなと思います。

次は事業者のリスク、お金を借りた方へのリスクです。

ソーシャルレンディングの性質上、事業者を通してお金を出資します。

ですので事業者に問題があるとお金が返ってこないリスクもあるかと思います。

事業者に問題があっても表面化しにくいので気付いたときにはもう遅い。なんてことが2018年は続いたなと感じました。

また、お金を借りた方がどうなのかというリスクもあるでしょう。

お金を借りたほうが悪意を持って借りた場合、それを事業者からの情報で気付けるか?ということです。

匿名化解除に関する公式見解が発表され、案件によっては融資先の情報が見えるようになりました。

それらの情報をいかにうまく使い情報を読み取れるか、今後大切になってくるかもしれません。

それだけではなく、借り手側にはかなりの高金利がかかっていることを覚えておきましょう。

10%以上は借り手側に金利がかかっているぐらいは予想しておいた方が良いと思います。

その他には案件が常に出ているわけでもなく、出資したい事業者へなかなか出来ない。という事態に遭遇したりします。

ある程度ソーシャルレンディングを行って各自の中で投資方針があり、次のお金はここに投資しよう。となるでしょう。

しかし、そのときにいつでも好きな案件に出来るか?というとなんとも言えません。

投資したい先が人気である、募集金額が少ない、そもそも投資したい案件じゃないな。なんて重なることもしばしばあります。

その結果、別の事業者へ投資することもあるでしょう。

そういった柔軟な投資は株式投資のほうが自由度が高いと言えます。

また、案件によっては常に予定表通り進むわけでもありません。

早期返還により予定以上に利回りが得られなかった。ということもあります。

株式投資ならその点、自分の好きなタイミングで売るだけなのでこちらも株式投資のほうが自由度が高いですね。

最後に一度出資したお金は換金が出来ないです。

元本返済まではお金が返ってこないので、いざどうしても必要となってもどうにもならない事態に陥ります。

こちらも株式投資であれば自分の好きなタイミングで売るので、自由度が高いですね。

利回りが高い分、ソーシャルレンディングはリスク、デメリットが多く潜んでいると私は考えております。

まとめ

個人的な感想としては、やはり全力投資ではなく一部資金を運用するのが良いと思います。

私の場合は数年後あたりに使用予定の車購入用の頭金を使い

とりあえずで運用しております。

5年後に返ってくれば、多少は返ってこなくても頑張って貯めればなんとかなるかなという考えです。(笑)

初めてやるなら貯めているだけの使っていない、使う予定が先の話のお金の一部を運用してみてまずは様子をみるのが良いです。

いきなり一つの案件に全額突っ込んで、返ってこなかったらシャレになりませんからね。(笑)

ソーシャルレンディングは性質上騙されやすいようになっている感じはします。

いわゆるポンジスキームですね。

実際に事前に予兆はあったのにどうして辞めなかった?なんて言われても、

自分で選んだソシャレン事業者に投資していれば良いとこばっかに目がいって気付かないんじゃないかな。と思います。

事業者側も悪い情報を開示するのは勇気がいりますし、出したいなんて思う企業もなかなかいないでしょう。

ですので、ソシャレン投資はある程度覚悟して投資するべきです。

かなりの高金利を借り手へ要求しているのでリスクもかなり高いでしょう。

それが嫌なら私はつみたてNISAをおススメします。(笑)

ソシャレンに興味が出たのなら下記記事もおススメします。

実際に私が投資している先になります。

【ソシャレン投資】投資先のポケットファンディングを語りますこんにちは。 iika(@iika246)です。 ソーシャルレンディングで投資先を探そうと考えている方 【ポケットファ...

参考までにどうぞ。

最後までありがとうございます。

それじゃ、また。