健康

【健康被害も?】サプリメントのデメリットについて

こんにちは!

サプリメントに関するデメリットのお話です。

サプリメントや健康食品と聞くと体に良さそうなイメージを思うかもしれません。

しかし健康食品の中には体に悪影響を及ぼすことも考えられます。

  • サプリメントに対するデメリット
  • 健康食品のキケンについて

このあたりについてみていきたいと思います。

今回は「ネイチャーメイドのマルチビタミン」を参考にビタミン系のサプリメントのデメリットを考えています。

そのため他のサプリメントと比べると内容が当てはまらない恐れがございますのでご了承下さい。

サプリメントは「医薬品」ではなく「健康食品」の一部であること

ネイチャーメイドを確認してみると実は「栄養機能食品」となっています。「医薬品」に近い種類に分類されていると思いませんか?実はそうではないのです。

ネイチャーメイドもそうですが、「栄養機能食品」は「健康食品」の扱いになります。実は「健康食品」自体法律上で定義されておらず健康の保持促進に関わるものなら「健康食品」の名称が使えるのが現状です。

そんな「健康食品」ですが、国が定めた安全性や有効性に基準を満たすことで「保健機能食品」として販売できるのです。

その中でもビタミンサプリで使われるものは「栄養機能食品」という名称で分類されているのです。

「栄養機能食品」はどうやって許可を得るのでしょう?

実は自己認証制を採用しております。つまり自身で判断するというもの。「栄養機能食品」として許可されている栄養成分が含まれていると「栄養機能食品」となるのです。

「栄養機能食品」の義務としてどのような栄養機能があるかを表示する「栄養機能」表示、摂取する際に気を付けてほしいことなどの「注意喚起」表示の義務はあります。

しかしながらあくまで栄養機能、厳格にこういう効能があるというわけではないのです。

これらより「医薬品」はどの病気のどの症状に対処できるかと言えますが、「栄養機能食品」としてのサプリメントは「こういうものに効く」というとは言えないのです。

ネイチャーメイドのマルチビタミンも「栄養機能食品」、栄養成分が含まれていますよ。というだけなのです。

その栄養成分が不足しているなら摂ったほうが良いですよ。ということなので「マルチビタミン」摂っているから大丈夫!というわけではないのです。

ちなみに特定保健用食品(トクホ)は下記のようになっています。

健康の維持増進に効果を与える成分が規格基準量含まれており、消費者庁において規格基準に適合するか否かの審査を行ったもの

つまり、基準を超える量を飲むと副作用が起きる可能性もあり、他の成分の影響だって受ける可能性もあるのです。

サプリメントを使っていて目に見えて効果が表れない

たとえば使用していて悪影響が出たときは

  • 目に見えて悪い影響がでた
  • 何かしらの体に悪い症状が出てきた

など気付きやすいタイミングがあるのですぐサプリメントかも・・と思い浮かぶかもしれません。

しかし、体に良い影響を与えている状態では目に見えて結果が出るわけでも何か症状が出るわけでもないのでサプリメントの効果が出ている・・など気づきにくいところがあります。

とくにビタミン系のサプリメントについては日常の不足しているビタミンの補充を目的にしているのでこれといった症状が出ている方も少ないのでさらに気付きにくいでしょう。

  • 食生活偏っているから・・
  • 栄養バランス悪いと思うから・・

そういう方が大半だと思います。なのでビタミンサプリメントの恩恵を感じにくいかなと思います。

さらに「医薬品」と「サプリメント」の組み合わせによって想定以上に効き目が強くなる、予定していたよりもかなり効果が出ない。などのような副作用が発生する恐れがあるといわれております。

もし医薬品を服用している場合は、サプリメント控えたほうがよいでしょう。

健康食品に医薬成分が入っていることも・・

海外から個人輸入している商品もあるというのはご存知ですか?

「日本製だと効果が弱いから・・」といって海外製を摂取する方もいらっしゃるでしょう。実はこれらの中には無承認無許可医薬品という形で健康被害をだしているものもあります。

上記サイトはインターネット上で販売されているものを実際に含有成分を調べた結果を公表したものです。

結果から申しますと、一部健康食品の中に医薬品成分が含まれていたというものです。これは医薬品成分に対する安全性や有効性の検証がされておらず、使用すると健康被害が出ることも考えられるのです。

「インターネットで買わないから・・」

「国内の業者で購入するから・・」

安全だと思いましたか?上記は国内で販売されているものを調査した結果のサイトになります。こちらも一部で医薬品成分が検出されているのです。

悩みが大きいと効果の高いものを求め海外製品に手を出したりなど考えたりすると思います。しかし、日本では基準以上の成分を含んでいたり医薬品の成分が含んでいたりもあり得ます。

他の人が大丈夫と言っているから大丈夫!ではなく、自分の体には問題ないのか?しっかり考えて使用されることをおすすめします。

終わりに

サプリメントや健康食品についてお話してきました。

効果があるかどうか不明なサプリメントもある

効果があったとしても意外と気付きにくい

健康食品には怪しいものがたくさんある

このように健康食品という括りでみるとサプリメントもかなり怪しく見えてくるのです。そのため本当に必要なものは何かしっかり見極めたいですね。

個人的に感じたのは、人によって体に吸収する力が変わったりなど影響を受ける部分が多々ありそうなのにこの成分これだけ必要なんて決められるものなのか?不思議に思っています。

たとえば、筋トレするにはたんぱく質体重1キロに対し1グラム摂取が必要と考えるように。

本当に必要なら食事の中で自然に摂取できるほうが体への負担が少なく済むのかなと感じました。

最後までありがとうございます。

それじゃ、また。

下記は前回の記事になります。

【ネイチャーメイド】サプリメントは効果あるのか?サプリメントって効くのだろうか? ビタミンって言われてもどうせ効くわけがない・・ そういったビタミンサプリのうわさについて考...